国土交通省、横浜みなとみらい地区の都市再生事業計画を認定 / 国土交通省

京急不動産からお知らせ(不動産関連)
国土交通省、横浜みなとみらい地区の都市再生事業計画を認定 / 国土交通省

国土交通省、横浜みなとみらい地区の都市再生事業計画を認定 / 国土交通省  
国土交通省、横浜みなとみらい地区の都市再生事業計画を認定

国土交通省は9月11日、都市再生特別措置法の規定に基づき、民間都市再生事業計画「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」を認定しました。
同事業は、今年8月20日付けで鹿島建設(株)、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険(株)より申請された都市再生事業計画。横浜駅周辺地区から当京急グループも移転予定であるみなとみらい地区への玄関口であり、海側へ繋がる起点となるエリアにおいて、様々なビジネスサポート機能を備えた大規模オフィスビルを供給するものとなります。
また、広場等の歩行者空間を整備し、みなとみらい地区の歩行者ネットワークの拡充を図る。商業施設等も配し、地区の更なる賑わいを創出していきます。
事業区域は神奈川県横浜市西区高島一丁目2番50他。事務所、飲食店舗、物販店舗、診療所、集会所、プラネタリウム等からなる地下1階・地上21階の複合ビルを建設する。事業施行期間は2019年4月1日~2021年7月31日の予定となっています。

詳しくは下記よりご確認ください。

国土交通省、横浜みなとみらい地区の都市再生事業計画を認定 / 国土交通省


TOPへ