4月の【フラット35】、最低金利が2カ月連続低下/住宅金融支援機構

京急不動産からお知らせ(不動産関連)
4月の【フラット35】、最低金利が2カ月連続低下:住宅金融支援機構

4月の【フラット35】、最低金利が2カ月連続低下:住宅金融支援機構 (独)住宅金融支援機構は4月2日、2018年4月の住宅ローン【フラット35】等の金利を発表しました。
それによると、【フラット35】(返済期間21年以上35年以下)の金利は、融資率9割以下の場合1.350%~2.010%(前月1.360%~2.010%)、融資率9割超は1.790%~2.450%(同1.800%~2.450%)と、最低金利が2カ月連続で低下しました。
【フラット20】(返済期間20年以下)は、融資率9割以下の場合1.300%~1.960%(前月1.290%~1.940%)、融資率9割超は1.740%~2.400%(同1.730%~2.380%)となり、【フラット20】は前月より上昇しています。
【フラット50】(返済期間36年以上50年以下)においては、融資率9割以下は1.730%~2.230%(前月1.770%~2.270%)、融資率9割超は2.170%~2.670%(同2.210%~2.710%)で、前月よりも低下しています。


詳しくは下記よりご確認ください。

住宅金融支援機構


TOPへ