12月の新築戸建て、平均成約価格は微減:アットホーム(株)

京急不動産からお知らせ(不動産関連)
12月の新築戸建て、平均成約価格は微減:アットホーム(株)

12月の新築戸建て、平均成約価格は微減:アットホーム(株) 不動産情報サービスのアットホーム(株)は30日、同社ネットワークにおける2018年12月の首都圏新築戸建てと中古(既存)マンションの登録・成約価格データを公表しました。

 新築戸建の成約価格は首都圏平均で3,557万円(前月比1.1%下落)と再びマイナス。地域別では、東京23区5,018万円(同5.0%下落)、東京都下3,862万円(同0.7%上昇)、神奈川県は3,675万円(同2.9%下落)、埼玉県3,028万円(同1.9%下落)、千葉県は2,772万円(同1.5%下落)と都下を除き下落しました。価格水準の高い横浜市の下落で神奈川県が4ヵ月ぶりにマイナスとなったほか、23区も価格水準の高い城南エリアの一部で成約減、価格下落が見られ下落。
 成約価格指数は100.5(同1.1ポイント下降)だったが、2ヵ月連続で100を超えました。

 既存マンションの成約価格は2,733万円(同3.9%上昇)と再びプラスに。地域別では、東京23区が3,642万円(同2.9%下落)、東京都下2,354万円(同12.0%上昇)、神奈川県2,451万円(同8.3%上昇)、埼玉県1,967万円(同3.9%上昇)、千葉県1,570万円(同2.5%下落)。成約が多く価格水準の高い23区で成約数が伸びたことや、次いで成約の多い神奈川県が4ヵ月ぶりに上昇に転じたことなどが要因と思われます。
 1戸当たりの成約価格指数は137.2(同5.1ポイント上昇)と再びプラスとなっています。

詳しくは下記よりご確認ください。

アットホーム(株)


TOPへ