皆さんの住宅マインドは?購入or賃貸?新築or中古?(住生活に関する世論調査)

住宅を所有か?賃貸か?

昔から日本人は住宅は所有したいというマインドが根強いですね。

一戸建てマイホームが人生の目標だというのが昔からいわれていることです。

では飽食,飽物といわれる現在は,みなさんはどのような住宅マインドをお持ちになっているかというと

内閣府の2015年の調査では、住宅を「所有したい」「どちらかといえば所有したい」との回答が計75%と

10年前の80%弱と比べ5%減といえでもやはり依然として賃貸よりも住宅を所有したいというマインドが

強い傾向にありますね。

また,若者においても79%をこえ,意外や意外これまた高い水準と言えます。

住まいに関しては昔も今もあまり変わっていないということですね。

 

住宅は新築か?中古か?

同じく内閣府の調査ではマンションと戸建てかかわらず,新築が73%に上ることが調査結果としてわかった。

これまた住宅市場の構造も、昔と変わらず「新築志向」が根強いことがわかります。

 

一般的にマーケティングでは顧客の需要に対応する製品を開発するマーケットインが主流ですが,

今政府がフローからストック,中古市場の拡大だーといっているのは,プロダクトアウトのマインド

が強く,中古住宅流通を顧客の需要に対して推進するのは,なかなか時間のかかることではない

でしょうか。

そのために,税制の優遇や,リフォーム減税などさまざまな策を打たないと日本に「中古」

の価値を浸透させるのは時間がかかるのかもしれませんね。

 

 

内閣府の住に関する調査は詳しくは

http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-juuseikatsu/gairyaku.pdf

 

京急線の住み替え,新築,相続など住まいの事ならなんでも

京急沿線物件ナンバーワン情報量 京急不動産まで

TOPへ