「アート」と「サステナブル」な【クリスマス】をお届けします。

11月17日(木)よりスタート!テーマは【クリスマス ミュージアム】
「アート」と「サステナブル」な【クリスマス】をお届けします。
ペットボトルキャップアートや、ペットボトルでランタン作り、地元中学校吹奏楽部の演奏会も実施

京急グループの株式会社京急百貨店(所在地:横浜市港南区、社長:竹谷 英樹、以下 京急百貨店)は、2022年11月17日(木)から12月25日(日)まで全館にて『クリスマスプロモーション』を開催いたします。
今年は【クリスマス ミュージアム】をテーマとし、「アート」と「サステナブル」を融合させた様々な企画を開催いたします。
京急百貨店・ウィング上大岡3階連絡通路では、ペットボトルキャップの回収およびペットボトルキャップを使用した大きなドット絵をお客さまと一緒に制作し、ひとつの作品に仕上げていく「クリスマスエコキャップアート」を開催いたします。回収したペットボトルキャップは、指定業者によりリサイクル資源として販売されたのち、その収益をUNICEFと連携して、ポリオワクチンに変え、世界の子どもたちに届けられます。本年のエコキャップアートは、ペットボトルキャップの回収にもご協力いただく東京デザイン専門学校の学生の皆さまにデザインを考案いただくほか、サステナブルアートも展示いたします。
また、11月19日(土)には、地元港南区にある横浜市立南高等学校の生徒がペットボトルを使用し制作したランタンを展示するとともにオリジナルランタン作りのワークショップも開催いたします。
さらに、11月23日(水・祝)には、地元港南区の中学校3校の吹奏楽部の生徒による『"ちょっと早い"クリスマス演奏会』も開催いたします。
さらに、日本伝統の藍と左官を融合させたアートを制作し、地域活性活動も進める【アートモリヤ】の作品展示やアメリカで廃棄予定のジーンズ20トンを買い取ったことで話題の【ヤマサワプレス】のリサイクルデニムを使ったアートも展示するなど、ご家族みんなで楽しんでいただける「アート」と「サステナブル」がつまったクリスマスイベントをご用意いたしております。


「アート」と「サステナブル」な【クリスマス】







詳細は以下をご覧ください。
"アート"と"サステナブル"な【クリスマス】についての詳細はこちら