京急沿線エリアマネジメント構想 第3弾「横浜COCOON」開始

地域事業者、自治体、教育機関、住民と共創する新しい時代の自律分散型まちづくり
京急沿線エリアマネジメント構想 第3弾「横浜COCOON」開始
横浜エリアのMaaS基盤の整備を通じ「新しいまちづくり」を進めます

京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、社長:川俣 幸宏、以下 京急電鉄)は、エリアマネジメント構想「COCOON(コクーン)プロジェクト」の第3弾として、2022年10月14日(金)に「横浜COCOON」を開始します。
横浜COCOONは、京急電鉄が横浜市などと従来からまちづくりに取り組む日ノ出町~黄金町駅の大岡川周辺エリアを中心とするエリアマネジメント活動で、今後、横浜駅・みなとみらいエリア、関内エリアなどに活動の拡大を予定しています。
京急電鉄では、「COCOONプロジェクト」を通じ、地域特性に応じ、地域事業者や住民、自治体、教育機関等と連携したエリアマネジメントを深化するとともに、2020年から取り組む「三浦COCOON」で構築したMaaS基盤を沿線全体に拡大することを目指しています。これらの活動を通じ、地域の個性を活かした「暮らしたい、働きたい、訪れたいまちづくり」を目指しており、横浜COCOONは「COCOONプロジェクト」3つ目のエリアとしてスタートします。
リモートワークの定着など、従来の都心部と郊外の関係が変化していることを背景に、横浜COCOONは、地域にお住まいの方から観光で訪れる方まで、多くの方の生活に彩りを加える自律分散型まちづくりに向けた取り組みとして活動してまいります。
今回開設するWEBサイト「横浜COCOON」では、地域のイベント情報や名所・名物などの紹介を通じ、まだ知られていない地域の魅力を発信するとともに、地域共通の予約・決済機能や、デジタルチケット機能、マルチモーダル経路検索機能など、横浜エリアのMaaS基盤の整備を進めます。
なお、横浜COCOONでは、NPO法人HamaBridge濱橋会(所在地:横浜市中区、理事長:大島 重信)が運営する「よこはま運河チャレンジ2022」内「運河水上交通」の予約受付を開始いたします。
京急グループは、今後も「COCOONプロジェクト」を沿線全体に拡大し、エリア特性に応じた地域連携を強化するとともに、MaaS基盤を共通化・拡大することで、変化の大きい時代における「新しいまちづくり」を進めてまいります。


京急沿線エリアマネジメント構想 第3弾「横浜COCOON」開始







詳細は以下をご覧ください。
京急沿線エリアマネジメント構想 第3弾「横浜COCOON」開始についての詳細はこちら