カリアゲ 京急沿線 開始!

京浜急行電鉄株式会社、京急不動産株式会社および株式会社京急リブコは、空き家物件を借り受け、改修したうえで6年間サブリース(一定期間転貸運営)するサービス「カリアゲ」を東京23区を中心に展開し、500戸以上の改修実績を持つ株式会社ルーヴィス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:福井 信行、以下 ルーヴィス)と業務提携し、リノベーション付きサブリース事業「カリアゲ 京急沿線」を開始いたします。

 

これは、京急電鉄が、物件オーナーから物件を借り上げ、京急電鉄の負担でリノベーションをし、入居者に貸し出すサブリース事業です。本事業の特長は、京急不動産がオーナーの募集、賃貸管理をするほか、空き物件のリノベーションに定評のあるルーヴィスおよび京急リブコが施工するものです。 空き家の増加は今後も続いていくものと予測されており、景観の悪化や、倒壊および放火といった防犯上の問題など地域の衰退につながります。京急グループでは、今後も空き家対策としてさまざまな取り組みを行い、沿線を活性化してまいります。

 

「カリアゲ」 についてはコチラをどうぞ!